まだまだがんばりますか!? | おそらく人生の折り返し地点を過ぎたであろうけど、まだまだこれから!

フォーク

マディ走行の後はダストシール付近は洗車しても泥が残ってしまうことが多々ある。

特に高圧洗浄機を使わないとインナーチューブにも残ってしまったりするので、フォークガードを外してダストシールもずらしてブラシとエアーブローでダストシールとインナーチューブの汚れを取った後にシリコンスプレーやアブソ、ラバーシール組み付け剤などを使っておけばインナーチューブの錆止めにもなるし、摺動抵抗も少なくなる。

ダストシールの清掃はオイルシールの破損防止とインナーチューブのキズ防止になる。



そんなこんなで洗車するのに水道水圧ではなかなか汚れが取りきれないのがガマンならなかったので、ケルヒャーの安いの買いました。



今までのと能力がほぼ変わらないので問題ないだろう。

スポンサーサイト

Category : CRF
Posted by nmx.yomi on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomisgarage.blog114.fc2.com/tb.php/757-0af957f0
該当の記事は見つかりませんでした。