まだまだがんばりますか!? | おそらく人生の折り返し地点を過ぎたであろうけど、まだまだこれから!

グリップとドリフト

表現が4輪っぽいけど、2輪も4輪も速く走ろうと思えばタイヤのグリップを超える近辺をコントロール出来るようにしないといけないなといまさらながらに思う。

それは土の上でもアスファルトの上でも変わらない。

タイヤが滑るのを怖がっていては速く走ることは出来ないから、滑ることに慣れないといけない。

スライドコントロール。

4輪なら腰や背中で感じてアクセルとステアリングまたはブレーキでコントロールするものだ。

2輪だと腿、腰、背中あたりか。コントロールする方法はいろいろありすぎるほどある。

個人的な感想だけど4輪より2輪のほうが難しいし、オンよりオフの上の方がさらに難しい。

難しいというかオフは滑らすのは簡単だけど”より速く走ろう”とすると人の能力の差が出やすいと思う。

「人間ありき」 以前よくNUMAXで話していた言葉だ。

難しいから面白い。簡単に出来るならこんなにのめり込むこともないだろうし。


そんな前振りも関係あるかどうかわからないが、ここ数ヶ月コーナーリング速度アップ方法について考えてきてある程度自分なりにわかってきたことがある。

まだ言葉で説明するのは難しいけど、今まで実践してきたコーナーリングフォームはどちらかといえばタイヤのグリップ限界を超えない範囲で走る時に使うフォームだなと思った。転ばない・安定したコーナーリングの為のフォーム。4輪で言えば進入グリップ⇒立ち上がりでドリフトか。

で、最近気付いたのが前後のタイヤのグリップを越える域で走る時にコントロールしやすいフォームというものだ。スプリントレースでより速く走る為のフォームって感じか。気付いたのか忘れていたのを思い出したのかは定かでないが。4輪で言えば進入から前後のタイヤが僅かにスライドして立ち上がりではゼロカウンターのタイムアタック系の走りか。

4輪にせよ2輪にせよオンにせよオフにせよその領域で走るというのは非常に集中力と体力が必要なのは一緒だな。

ただ4輪と違うのはライディングフォームでコントロール性が変わるということかな。

まだまだ抽象的だけど、そんな感じでこれからもまだまだ楽しめそうだ。

スポンサーサイト

Category : ライディング
Posted by nmx.yomi on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomisgarage.blog114.fc2.com/tb.php/642-153c42a3
該当の記事は見つかりませんでした。