FC2ブログ

まだまだがんばりますか!? | おそらく人生の折り返し地点を過ぎたであろうけど、まだまだこれから!

修行からベスコン?

先日降った雨は宮城県北&岩手県南内陸部は強くは無いが結構長めに降ったせいで本日のランドはクレバスはないけどチュルチュルマディなコンディションで。
先週まで出来ていたギャップは雨で均されていて遠目で見るとフラットなベスコン風。
こういう時は荒れる前に走っておこうとさっさと準備をして一本目開始。
うーん、かなりチュルチュルで一年間練習で使い込んだフロントタイヤでは直線すらグリップ感がない・・・。
まずは転ばないように手ごたえを掴み2本目へ。
走る台数も増えてきたので、って言ってもほぼKSR貸切状態なので6台程度だけど、少しずつライン上は乾き始めている。



一本走るとこんな感じ。
走るたびに洗車をしないと重くてしんどい。

それでも午後になり走行を重ねるとライン上はほぼベスコン?近くまで回復した。
数箇所はそうでもないが、それでも良い練習になる感じだ。



午後にはテーブルトップも飛べるようになり、4本目には攻める走りも出来た。
レールの練習もまた出来たし、結構身になる練習が出来たと思う。

それと今日気がついたこと。
走っていて開けていくか閉じるかの選択は常につきまとうけど、ちょっと不安だな~、閉じたほうがいいかな~なんて思った時は普通は閉じるのが正解だと思う。
だけど、それが本当は開けていけるレベル(能力)になっているのに「恐怖心」「失敗したらどうしよう」というネガティブな思考から閉じてしまっている為に今の現状から抜け出せないということもある。
若いうちはその「恐怖心」とかを気付かず走れるから進歩が早いが、年齢を重ねると「恐怖心」のほうが上に来る。なので今の現状の速さからなかなか抜け出せない。
これを克服するには、走り込んでマシンの動きを先読み出来るようにならないといけないんじゃないかと思った。
反復練習。経験を積むしかないんじゃないかと。
後先考えずに「えーい行っちゃえ!」ってのはただの無謀。
怪我をしないで速く走りたいなら走り込んでマシンの挙動をいろいろ経験していく。
要は「自信」を持つ為。行けそうだって思う感覚を掴む為。

最後の一歩を踏み出すのは誰かに引っ張ってもらえば思ったよりも簡単に超えられるかもしれない。

それが怪我のリスクを少なくレベルアップするコツなんじゃないかと思った。
進歩するスピードは遅いかもしれないけど、怪我はしたくないしね。

ところで、3年間(約150時間)使用したフロントブレーキパッドを交換した。




そんなに持つの?って思われると思うし、実際リアは1年(約50時間)で交換しているので僕自身も思ったけど、そんなに使っていない訳でもないと思うし。
そこで思ったのがディスクカバー。
これが泥からキャリパーを守ってくれているんじゃないかと。以前乗っていた’07CRFは3年も持たなかったので、おそらくこれかと思った。

どうでもいいけど早くライセンス更新しないと

スポンサーサイト

Category : ライディング
Posted by nmx.yomi on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomisgarage.blog114.fc2.com/tb.php/1405-7d94343a
該当の記事は見つかりませんでした。