FC2ブログ

まだまだがんばりますか!? | おそらく人生の折り返し地点を過ぎたであろうけど、まだまだこれから!

おもうこと 4

ストレート

大なり小なりオフロードにはギャップはつきものです。

基本的にギャップの谷にはフロントタイヤを落としていては安定して走ることは出来ません。

前後のピッチングが大きくなりリアが浮いてしまうし、体も余計に動いてしまいます。

ここでもリア荷重が重要ですね。

ストレートとはいえ立ち上がりに出来るギャップやスピードが乗ってきたところのギャップ・上りや下りのギャップなど一概にはこうとは言えませんが、とりあえず今回はスピードが乗ってきた(2速→3速→4速)ギャップであまり深くないものについて(20cm前後のえぐれていないやつ)。

フロントタイヤはギャップの頂点に当てるように意識する。
あまり深くないギャップでは別に狙う必要はありません。
リア荷重にしてアクセル全開にしていけば現代のマシンなら普通に行けるでしょう。
深いギャップやえぐれているギャップは狙う必要がありますね。

ただし、ここで低いギアであまり引っ張りすぎては加速力が落ちるし、かっぽじるだけなので加速力が落ちる前にシフトアップすることがポイントです。スピードが乗るのを恐れて低いギアで引っ張り続けるのはかえって不安定さが増します。

また、ギャップに対してマシンを垂直に保つことも心がけた方がいいです。
慣れてくればギャップの種類や進入角度によりリアタイヤがどの方向に跳ねるか予測出来るようになります。

フォームはやはりリア荷重を意識し、ですが腕は伸びきらない程度に前傾姿勢。
気持ちはウイリーするつもりで。
関節はある程度固めて外乱でグラグラしないように、ですがカチコチに力むのは×です。

ストレートにしろコーナーにしろこのフォームの固定具合がオフロードライディングでは重要ですね。
ちょっとこれも言葉で伝えるのは難しいです。

また長くなりそうなのでこのへんで。

スポンサーサイト



Category : ライディング
Posted by nmx.yomi on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。